学会誌編集委員会からのお知らせ等を掲載しています(掲載の新しい順です)

直線上に配置



(6)学会誌『認知言語学研究』の一般販売について
 学会誌『認知言語学研究』(Journal of Cognitive Linguistics)は、年会費納入実績のある会員の皆様には無償で配布されます。会員以外の皆様は、開拓社の一般販売をご利用ください。(2016年2月3日掲載)


(5)学会誌『認知言語学研究』の投稿受付について
 学会誌『認知言語学研究』(Journal of Cognitive Linguistics)の投稿受付は随時行っております。お問い合わせの場合、件名を「学会誌に関する問い合わせ」とし、rivistajcla[AT]gmail.com までお送りください。1週間以内に投稿者への受領連絡がなければ、投稿したアドレスに問い合わせを行ってください。(2016年2月3日更新)


(4)学会誌『認知言語学研究』の投稿規定
 学会誌『認知言語学研究』(Journal of Cognitive Linguistics)の投稿規定(PDF)はこちらからダウンロードしてください。
 要点は次の通りです。(2016年6月20日更新)

  ・投稿は、会員でなければなりません。
  ・投稿論文の種類は当面「研究論文」のみです。
  ・原稿の本文は日本語または英語で書いて下さい。字数は、日本語の場合18,000字以内,英語の場合8,000語以内です。
  ・このページ内にあるテンプレート(日本語版,英語版)には、字数や行数が設定されています。
  ・二重投稿は無効になります。
  ・投稿先のメールアドレスは rivistajcla[AT]gmail.com です。投稿の際は、件名を「学会誌投稿論文」としてください。また、1週間以内に投稿者への受領連絡がなければ、投稿したアドレスに問い合わせを行ってください。


(3)学会誌『認知言語学研究』の投稿論文用テンプレートおよび整理票
 学会誌『認知言語学研究』(Journal of Cognitive Linguistics)の投稿論文用テンプレートはこちら(日本語 / 英語)からダウンロードしてください。なお、このテンプレートは、日本言語科学会(JSLS)のご厚意により同学会のものを参照させていただきながら本学会で作成いたしました。(2012年10月6日掲載、2016年1月26日テンプレート更新)
 また、整理票をダウンロードして、原稿と一緒に提出してください。共著者がいる場合のみ整理票(共著者用)も提出してください。
 原稿はファイル名を執筆者の英字表記(例 yamada_taro)とし、「整理票」は元のファイル名の( )の中に執筆者名を英字で記入してください。(2012年10月6日掲載)


(2)学会誌『認知言語学研究』の編集委員会について
 学会誌『認知言語学研究』の編集委員会は、managing editors(編集委員長、◎および○)と associate editors(編集委員)で構成されます。編集委員会のメンバーは次の通りです。◎および○が managing editors、無印が associate editors です。(2016年1月26日掲載)

2016年〜
   ◎吉村公宏(奈良教育大学)
   ○大月 実(大東文化大学)
    井上京子(慶應義塾大学, 言語人類学)
    大堀壽夫(東京大学, 機能類型論・認知意味論)
    小野寺典子(青山学院大学, 語用論・歴史語用論)
    北野浩章(愛知教育大学, 談話分析・ フィールド言語学)
    菅井三実(兵庫教育大学, 認知意味論)
    谷口一美(京都大学, 認知意味論)
    辻 幸夫(慶應義塾大学, 言語心理学・神経心理学)
    野村益寛(北海道大学, 認知文法)
    増田恭子(ジョージア工科大学, 認知言語学と外国語教育)
    籾山洋介(名古屋大学, 認知言語学と日本語学)

2012年〜2015年
   ◎堀江 薫(名古屋大学)
   ○吉村公宏(奈良教育大学)
    井上京子(慶應義塾大学, 言語人類学)
    大堀壽夫(東京大学, 機能類型論・認知意味論)
    小野寺典子(青山学院大学, 語用論・歴史語用論)
    北野浩章(愛知教育大学, 談話分析・ フィールド言語学)
    菅井三実(兵庫教育大学, 認知意味論)
    谷口一美(京都大学, 認知意味論)
    辻 幸夫(慶應義塾大学, 言語心理学・神経心理学)
    鍋島弘治朗(関西大学, メタファー研究)
    野村益寛(北海道大学, 認知文法)
    増田恭子(ジョージア工科大学, 認知言語学と外国語教育)
    籾山洋介(名古屋大学, 認知言語学と日本語学)
    森山 新(お茶の水女子大学, 認知言語学と日本語教育)


(1)投稿式の新ジャーナルの創刊について
 現在発行している『日本認知言語学会論文集』とは別に、投稿式の学会誌を創刊する準備を始めました。名称は『認知言語学研究』(Journal of Cognitive Linguistics)です。
紙媒体で発行され、執筆言語は日本語または英語です。会員には無償で頒布されます。執筆規定等の準備ができ次第、HPで報告します。(2011年9月20日掲載)